第7回戦略的高性能計算システム開発に関するワークショップ

日時: 2012年7月31日 (火) 9:00~18:00(予定)
会場: とりぎん文化会館 第1会議室
http://cms.sanin.jp/p/torikenmin/10/
参加登録 事前登録は締め切りました(7月23日(月)正午まで)
主催: 東北大学サイバーサイエンスセンター
筑波大学計算科学研究センター
東京大学情報基盤センター
東京工業大学学術国際情報センター
京都大学学術情報メディアセンター
産業技術総合研究所 情報技術研究部門
理化学研究所
科学技術振興機構「ポストペタスケール高性能計算に資するシステムソフトウェア技術の創出」
 協賛 HPCIコンソーシアム

概要:

文部科学省「将来のHPCIシステムに関する調査研究」に関する公募があり、本年6月15日づけで、アプリケーションチーム1件、アーキテクチャチーム3件が採択された。採択された機関から調査研究の目標および進め方の紹介をいただき、皆様と今後の高性能計算システム開発について議論をしていきます。。

プログラム:

9:00~9:15 受付
9:15~9:20 趣旨説明 石川 裕 (東京大学)
9:20~9:30 文部科学省ご挨拶 林 孝浩 (計算科学技術推進室長)
9:30~11:00 アーキテクチャチーム1:「高バンド幅アプリケーションに適した将来のHPCIシステムのあり方に関する調査研究」
 東北大学、海洋研究開発機構、日本電気
9:30~10:10 全体説明・システムアーキテクチャ概念設計
10:10~10:30 ターゲットアプリケーション
10:30~11:00 省電力・高バンド幅デバイス技術
11:00~12:30 アーキテクチャチーム2:「演算加速機構を持つ将来のHPCIシステムのあり方に関する調査研究」
筑波大学、東京工業大学、理化学研究所、会津大学、日立製作所
11:00~11:30  調査研究の概要
11:30~12:00 アーキテクチャの基本コンセプト
12:00~12:30 実装評価の計画
12:30~14:00 BREAK
14:00~14:45 アプリケーションチーム:「アプリケーション分野からみた将来のHPCIシステムのあり方の調査研究」
理化学研究所、東京工業大学
14:00~14:10 アプリFS概要説明
14:10~14:20 サイエンスロードマップ再構築
14:20~14:30 システム評価方法
14:30~14:45 議論
14:45〜15:00 BREAK
15:00〜16:30 アーキテクチャチーム3:「レイテンシコアの高度化・高効率化による将来のHPCIシステムに関する調査研究」
東京大学、九州大学、富士通、日立製作所、日本電気
15:00〜15:30 概要&アプリケーション性能予測&システムソフトウェア
15:30〜15:45 アーキテクチャ概念設計
15:45〜16:00 インターコネクト性能
16:00〜16:15 アーキテクチャ評価およびコンパイラ技術と省電力機構
16:15〜16:30 階層ストレージ
16:30〜16:45 BREAK
16:45〜18:00 パネル討論:「調査研究の連携と進め方」
司会:中島 浩(京都大学)
パネリスト:小林広明(東北大)、佐藤三久(筑波大)、富田浩文(理研)、石川裕(東大)
18:30~20:30 懇親会(会費:4,000円)